Submit a ticketCall us

Have You Auto Renewed? If not, you're missing out.
The SolarWinds Renewal Program comes with a host of benefits including the most recent product updates, 24/7 technical support, virtual instructor-led training and more. Experience all of this with the convenience of Auto Renewal, and never worry about missing any of these great benefits. Learn More.

Home > Success Center > Network Performance Monitor (NPM) > SQL が、現在 Orion NPM データベースの容量が不足していると報告しています。 さらに容量を確保するにはどうすればよいですか ?

SQL が、現在 Orion NPM データベースの容量が不足していると報告しています。 さらに容量を確保するにはどうすればよいですか ?

Table of contents
No headers

以下の手順に示すように、既存のトラップと Syslog メッセージを削除するとよいでしょう。

トラップと Syslog メッセージを削除するには、

  1. Start(開始) > All Programs(すべてのプログラム) > SolarWinds Orion > Advanced Features(高度機能) > Database Manager(データベース マネージャ)の順にクリックします。
  2. Add Server(サーバーの追加)をクリックします。
  3. SQL Serverを選択するか、入力します。
    注記: SQL Server に関する情報がない場合は、以下の手順を実行します。
    1. Start (開始)> All Programs(すべてのプログラム) > Solarwinds Orion > Documentation and Support (ドキュメンテーションとサポート)> Configuration Wizard (設定ウィザード)を順にクリックします。
    2. Database(データベース)をチェックしてから、Next(次へ)をクリックします。
    SQL Server の資格証明がこのウィンドウに表示されます。
  4. 好みのログイン メソッドを選択します。SQL Server のユーザー ID とパスワードを使用している場合は、ユーザー名パスワードを入力します。
  5. Connect to Database Server(データベース サーバーに接続)をクリックします。
  6. +をクリックして、SQL インスタンスを展開します。
  7. +をクリックして、Orion NPM データベースを展開します。
    注記: デフォルトの Orion NPM データベース名はNetPerfMonです。
  8. Orion NCM も実行している場合は+をクリックして Orion NCM データベースを展開します。
    注記: デフォルトの Orion NCM データベース名はConfigMgmtです。
  9. Syslogを右クリックしてから、QueryTable(クエリ表)をクリックします。
  10. 表示されたクエリを消去してから、以下のクエリを入力して、すべての Syslog メッセージ、トラップ、及び指定した日付より古いトラップ変数束縛を削除します。
    日付が <= '2010/4/1' の場合、Syslog から削除する
    日付が <= '2010/4/1' の場合、トラップから削除する
    TrapID が (トラップからTrapIDを選択する) にない場合 TrapVarBinds から削除する
  11. 既存する全 Syslog メッセージ、トラップ、トラップ変数束縛を削除する場合、以下のようにTruncate(切り捨て)コマンドを使用します。
    テーブル Syslog を切り捨てる
    テーブル トラップを切り捨てる
    テーブル TrapVarBinds を切り捨てる

 

この記事に適用されるアプリケーション:
Orion Network Performance Monitor の全バージョン

Last modified

Tags

Classifications

Public