Submit a ticketCall us

Don’t fall victim to a ransomware attack
Backups are helpful, but sometimes that’s not enough to protect your business against ransomware. At our live webcast we will discuss how to protect against ransomware attacks with SolarWinds® Patch Manager and how to leverage log data to detect ransomware. Register now for our live webcast.

Home > Success Center > Network Performance Monitor (NPM) > Orion NPM 10.3 の新着情報

Orion NPM 10.3 の新着情報

Table of contents
No headers

以下の新機能と改善点は、 Orion NPM 10.3 で提供されます。

  • ノードの詳細ビューとインターフェースの詳細ビューで使用可能な以下のノード、インタフェース、ボリューム チャートは、新しいインタラクティブなチャート パッケージを使用して設定可能です。
    • ノードの詳細平均応答時間とパケットの損失
    • ノードの詳細最小/最大/平均 CPU 負荷
    • 負荷の割合 % 別ノードの詳細上位 CPU
    • インターフェースの詳細の利用率の割合 % と総バイト数
    • ノード ボリュームの使用された平均ディスク容量
    • ディスクの割り当ての失敗
    • ボリューム サイズ
    • 使用されたディスク容量の割合 %
  • AES-256 向け SNMPv3 サポート
  • PDF 改善点へのエクスポート
  • モニターされた EnergyWise、ファイバー チャネル及びワイヤレスの選択/選択解除をサポートするリソースのリスト
  • ユニバーサル デバイス ポーラーの強化されたアラートは、アラートをトリガーする列を示す
  • 日本語版が現在利用可能
  • Alaxala と Apresia のネイティブ サポート(CPU、メモリー、インターフェースの使用率)
  • 変化するポーリング メソッドのサポート、たとえば、WMI から SNMP へ
  • ConnectNowトポロジー ツールは、現在 Cisco Discovery Protocol (CDP) または Link Layer Discovery Protocol (LLDP)のいずれかで取得したデータを使用する
  • サードパーティ チケット システム 統合と共に使用する新 SWIS クリア アラート バーブ

この記事は、Orion NPM バージョン 10.3 に適用されます

Last modified
23:17, 22 Jun 2016

Tags

Classifications

Public